お通夜

お通夜の手順はどうしたら良いの?お通夜の日取りの決め方から手順の解説

お通夜と言えば、お葬式の前に行うものですが初めて喪主を務める方からすれば、お通夜の手順も知らない事が多いと思います。

まずお通夜と言うのは、故人の仕事関係の方や近所の方が中心となってお別れをする儀式です。

お通夜は身近な方(友人や親族、家族など)が故人と夜通しで過ごす時間として行われますね。

そんなお通夜の手順もいろいろありますので、ここではお通夜の手順全般の事をまとめてみたいと思います。

1日目はお通夜でお別れを|一般的なお通夜の手順とは?

お通夜の手順はどうしたら良いのか?

一昔は一晩中お通夜はやっていましたが、今では半通夜と言って参列者が訪れやすい時間帯だけ行うのが普通になってきました。

おおよそ夕方の6時ごろから開始して、21時~22時ごろには終わると言うのが今のお通夜になっています。

お通夜の手順としては、親族はお通夜が開始される1時間ほど前に集まります。

そして僧侶の方や弔問客よりも先に葬儀場に入るようにしてください。

お通夜が開始をされたら喪主から順番に焼香をしていきます。

弔問客まで焼香が終わったら僧侶からの話があり、弔問客の焼香が終わったらお通夜も終了します。

この僧侶の話は最近では省略される事も多くなってきましたので、省略される場合はそのまま僧侶も退場する事になります。

そして喪主から参列者に挨拶をして通夜振る舞いの席へ案内をしてください。

通夜振る舞いとは?

参列者へ感謝とお礼の気持ちを込めて故人を供養し、しのぶ目的で行います。料理や飲み物を出して故人との思い出などを話す場としても使われます。

通夜振る舞いについては、昔とは違って長居をする人も少なくなってきましたのである意味、簡略的になってきています。

それこそ、一昔前は朝までお酒を飲んだりしている方もいましたからね。

少し寂しい気持ちもしますが、お通夜も簡単な儀式に変わっているのがわかります。

半通夜の具体的な手順と流れをまとめます

喪主や故人の親族などはお通夜の準備から通夜振る舞いまでを一連の流れとして行う必要が出てきます。

喪主以外に親族がいなかったり、大変な時は手伝ってもらえる方に甘えるのも大事な部分ですね。

一番悲しい気持ちを持っている喪主ですが、一番やらなくてはならない事が多いのも事実ですので。

それではお通夜の準備から終わりまでの手順をまとめてみたいと思います。

  1. お通夜・告別式の知らせをする
  2. 供花の確認と配列を決める
  3. 席の並びを決める
  4. 会葬礼状や会葬返礼品の確認をする
  5. 僧侶への挨拶、お布施の受け渡しをする
  6. 喪主の挨拶
  7. 通夜振る舞いの席

お通夜や告別式の手順としてはこのようになります。

葬儀屋がいろいろと相談に乗ってくれますので、わからない事は聞けば良いのですが大体の手順は覚えておいた方が良いでしょう。

供花の配列については、送ってくれた方の社会的地位などを考慮しないといけません。

故人との関係性も考えた配列にしないといけないので、リストを見たらそれを基に葬儀屋に配列の指示をするのも喪主の役割になってきます。

僧侶へのお布施の受け渡しについては、葬儀屋と相談の上、一番良いタイミングで行えば大丈夫です。

そして喪主からの挨拶では、なるべく短く簡潔にする事が大事になってきます。

挨拶の内容としては、参列をしてくれた方へのお礼、故人が亡くなった報告、感謝の気持ちと言った内容になってきます。

【参考ページ】喪主の挨拶はどうしたら良いのか?話す内容と喪主のマナー

そして最後に通夜振る舞いの席に参加し、いろいろな方への対応が待っています。

既に喪主の方は心身ともの疲れていると思いますが、お通夜の終盤ですのでここは頑張って乗り切ってください。

お通夜の手伝いを頼む時には?

お通夜や告別式を行う時、どうしても手伝いが必要なケースもあります。

親族・遺族が少ない時や喪主しかいないような時ですね。

特に受付に関しては喪主が行う事は出来ませんので、人手が足りない時は誰かに手伝いを頼む事になります。

  • 近所に住んでいる地域の方
  • 会社関係者
  • 友人

このように、お通夜の受付をお願いする人は様々ですが心付けを用意しておくのが良いと思います。

また通夜振る舞いの場でも手伝いが必要なケースが出てきます。

料理や飲み物を運んでくれたり、片付けてくれる方がいましたら心づけを用意しておくのが良いでしょう。

お通夜や告別式を前もって準備したい方は