マナー全般

喪主の挨拶はどうしたら良いのか?話す内容と喪主のマナー

葬儀には喪主になる方がいます。

葬儀では喪主が代表で挨拶をしますが、いったいどんな挨拶をしたら良いのか?

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

まず喪主の挨拶には3つのタイミングがあります。

喪主が挨拶をするべき3つのケース

喪主の挨拶は葬儀中だけではありません。

後ほどご紹介しますが、言葉もきちんと選ばないといけないので喪主の方は挨拶についてはかなり悩んでしまう事が多いのです。

まず喪主が挨拶をする3つのケースとは、

  1. お通夜の読経が終わった時、通夜振る舞いが始まる時
  2. 葬儀や告別式の最中、もしくは終わる時
  3. 四十九日

簡単にまとめますと、この3つのタイミングで喪主の方は挨拶をする事になります。

喪主の挨拶は故人の変わりに参列者の感謝の気持ちを伝えるもの。言葉を選んでしまう事も多いのですが、そこまで気にせず自分なりの言葉で挨拶をすれば良い。

喪主の挨拶はこのようなタイミングで行う必要があるのですが、言葉をあまり選んでしまうと変な挨拶になるケースもありますので、感謝の気持ちを伝える!と言う事を一番大事にしてください。

喪主の挨拶は紙を見ても良いのか?挨拶のコツとは?

喪主の挨拶はあまり長くすれば良いと言うものではありません。

よく言われるのが長くても3分程度が良い、と言うことです。

それでも、雰囲気に呑まれてしまったり、緊張したりでなかなか上手に挨拶が出来ないケースも多いでしょう。

こういった時は、あらかじめ紙に挨拶を書いておきそれを読み上げるのも全然大丈夫です。

喪主の挨拶の時に一番大事な事は、ゆっくりと落ち着いて話す事。

覚えてしっかりと話そうと思うと、忘れてしまった時に頭の中が真っ白になってしまいますので紙にまとめておくのが良いでしょう。

喪主の挨拶としては、次のポイントを抑えておくのが良いです。

  1. 故人とあなたの関係性をまとめた自己紹介
  2. 弔問へのお礼(感謝の内容)
  3. 生前のお礼
  4. 故人の人柄や出来事など故人についてのコメント
  5. これからの人生について

このような事を喪主の挨拶として簡潔にまとめておくのが良いでしょう。

悲しみの場ですが、喪主として故人との出来事やお礼を挨拶にするイメージです。

先ほどもお伝えしたように言葉をそこまで選ぶ必要はないのですが、どうしても使わない方が良い言葉もあります。

【忌み言葉】と呼ばれる葬儀の場では使わない方が良い言葉があります。忌み言葉自体はとてもたくさんありますが、簡単にご紹介すると不吉な事を予感させるような言葉、重ね言葉(ますます、しばしば、再びなど)、生死に関する言葉は出来る限り避けるようにしてください。

上記のような忌み言葉は葬儀の場では控えるようにしてください。

逆に言うと、忌み言葉だけ気をつけておけばあとはあなたの言葉で挨拶をすれば大丈夫という事ですね。

当サイトでご紹介をしている葬儀用のサービスでは、葬儀に関する事ならどんな事でも相談に乗ってくれますので、喪主の方はどんな挨拶をすれば良いのか?と言う事も相談してみるのも良いと思います。

インターネットなどで検索をすれば喪主の挨拶文などの雛形も出てきますが、あまりにも気持ちがこもってないような定型文より人間味のある挨拶の方が好まれます。

故人との関係性などいろいろ説明をすると、専門窓口で相談に乗ってくれますのでそこで喪主の挨拶を考えるのも良いでしょう。

【参考ページ】ご葬儀を前もって準備したい方が利用する優良サービス!争議への不安を解消出来る

上記ページもぜひご参考にしてください。

喪主の挨拶では使わない忌み言葉の一例

先ほど忌み言葉についてお伝えしましたが、ここでは忌み言葉の一例をご紹介したいと思います。

  • 不吉な言葉の例:消える、大変、とんでもないこと、落ちる
  • 重ね言葉の例:重ね重ね、いよいよ、度々、ますます、またまた
  • 不幸が続く事を連想させる言葉の例:再び、続いて、繰り返し、追って、再三
  • 生死について直接的な言葉:死ぬ、生きている時

このような忌み言葉がありますが、葬儀のマナーとして使わないようにしたい部分です。

しかも宗教によっても忌み言葉は異なってきますので、忌み言葉以外にも使わない方が良い表現はあります。

仏教、キリスト教など宗教の違いまで気にすると喪主の方も挨拶が出来なくなってしまう事もありますので、そこまで気にする必要はありませんが『ご冥福をお祈り致します』や『お悔やみ申し上げます』と言った葬儀では定番と思われる言葉も宗教によっては使わない方が良いと言うことですね。

家族葬の喪主は何をすれば良いものか?最近多い家族葬の喪主のアレコレ

最近、家族葬が多くなっていますので家族葬の喪主をされる方も多くなっている事でしょう。

【参考ページ】家族葬とは?小規模のお葬式で家族葬をする方が急増している

家族葬での喪主の役割と言えば、故人の関わりのある会社や友人知人に連絡を取ったり、家族葬を円滑に進める手配をすると言った感じです。

もちろん遺体の搬送先や葬儀の場所、そして葬儀の費用やプランなども決めていく必要がありますね。

また役所での手続きも家族葬で喪主をやる方の役割になってきます。

葬儀屋との打ち合わせもかなり決める事がありますし、全体的なスケジュール調整も。

家族葬とは言え、喪主の役目はかなり大変です。

葬儀こそ家族葬ですので挨拶については、そこまで気にする必要はありませんが、弔問をしてくれる方の対応時には喪主らしい挨拶をしなくてはいけません。

喪主以外に身内などがいる場合は、役割分担をして喪主自体は弔問客の対応を中心にするのが良いでしょう。

出棺が終わったら参列者の方に喪主として挨拶をする事になりますが、こちらも感謝の気持ちを伝えるようにしてください。