家族葬

家族葬とは?小規模のお葬式で家族葬をする方が急増している

家族葬とは、小規模のお葬式の事を言います。

近年では、家族や親族だけでお通夜から告別式までを行うお葬式として利用をされる方が多くなっています。

この家族葬のメリットと言えば、2日間(1日で終わるプランもあり)ですべてが終わりますので仕事の都合や参列者の都合を考えても家族葬が選ばれているのもわかります。

また次にご紹介をしますが、家族葬は小さいお葬式になりますのでその分、葬儀の費用も抑える事が出来ます。

突然のお葬式・・・こんな場合にも家族葬は選ばれやすい!と言う事ですね。

家族葬の費用はどのくらいかかるのか?家族葬の料金相場とは

一般的なお葬式の場合、もちろん規模にもよりますがすべての費用を含めると平均で150万円ほどが平均費用となっています。

その中でも一般葬で選ばれているお葬式のプランは100万円~120万円ほどとなっていますね。

家族葬になると、この料金相場は80万円ほどとなる事が多くなっています。

このようにお葬式の費用だけを比較すると、家族葬の方が50万円~70万円ほど安くなりますので最近では都心部だけではなく、いろいろな地域でも家族葬の需要が増えてきているのです。

もう少し詳しくお葬式、葬儀にかかる費用の内訳を見てみましょう。

お葬式にかかる費用は大きく3つに分けられる

お葬式費用と言っても、どんな事にお金がかかるのか?

意外に知らない方も多くなっています。

  • 葬式費用
  • 接待費用
  • お布施・食事代

大きくわけてお葬式にはこのような費用がかかり、これらを合計して葬儀費用として支払う事になります。

  1. 葬式費用:全体の50~60%を占める費用
  2. 接待費用:全体の20%ほど
  3. お布施・食事代:全体の30%ほど

割合で見るとこのような感じになる事が多くなっています。

  1. 葬式費用と言っても葬儀をする為に必要な費用が一式含まれていて、お通夜や司会、告別式の費用なども含まれています。規模にもよりますが、セレモニーホールなどを借りて葬儀を行う場合には、そこに携わるスタッフさんの費用もかかります。
  2. 接待費用については、お通夜から葬儀、告別式までの間にかかる飲食代、香典のお返しなどに必要な費用となります。お葬式の見積もりを出してもらうのですが、参列者の数も変動しますので、接待費用については見積もり通りにならない事が多くなっています。
  3. お布施・食事代はお坊さんに渡す費用になります。これは葬儀屋を通じて支払うものではなく、喪主から直接渡す費用になりますので請求書に含まれる事はありません。大体争議費用の20~30%ほどと覚えておくのが良いでしょう。

お葬式と言っても、このようにいろいろな人が関わるものですので、いろいろな支払いが生じる事になります。

家族葬は費用を抑える事が出来る!でもメリットだけじゃなくデメリットも?

家族葬は先ほどもお伝えしましたが、小さいお葬式と言うイメージですので全体的にかかる費用を抑える事が出来ます。

また悲しみの中お葬式をしますので、参列者などが少ない方が喪主の方やご親族の方の精神的負担も軽減する事が出来るでしょう。

私の義父のお葬式は家族葬ではなく、地元のセレモニーホールを借りて行ったのですが田舎と言う事と、会社が近くにあった(大手企業)と言う事もあり参列者がものすごく来てくれました。

でもその分、身内にはとても負担になったのは事実で悲しみ以上に疲れの方が多かったのを覚えています。

では家族葬のデメリットと思える部分はどのようなところでしょうか?

  • 親しい友人知人がお別れをしようと思っても出来なくて気分を害するケース
  • 家族葬が終わってからも自宅の方にしばらくの間、線香を立てに来る方も多い
  • 亡くなられた方の立場によっては、家族葬だと厳しい事がある

もっと多くの問題点はあると思うのですが、私の義父の時に家族葬にしなかったのはこういった理由が考えられたからです。

特に会社関連の方が身近にいたり、友人や知人が多い方の場合は家族葬にする事で後から大変な想いをする事もよくある事です。

結局、家族葬が終わってから自宅を訪問してくれる方も多く、その場合は1対1での対応になってしまうので義母がとても疲れていた時期が続きました。

家族葬のデメリットと考えられるのはこのような時かもしれませんね。

家族葬を行う時に案内状って出すものなのか?

家族葬を行う場合には、仕事関係者の方や地元の参列予定者の方へ家族葬を行う旨を伝えるのが筋と言えるでしょう。

ご香典や弔電などの配慮は必要ない、と言う事を伝える事もとても大切な事になってきます。

こうした家族葬にする事を挨拶文として、親しい方や会社の方、友人知人に出すことによって故人も安らかに天国へ逝けるでしょう。

また年末近くにお亡くなりになった場合には、喪中ハガキによって家族葬を行う旨を伝える事も出来ます。

挨拶文の雛形などはネットにもたくさんありますので、ご心配な方はそちらを見て案内状、挨拶文を送るようにしてください。

また私の義父の時のように、ご近所付き合いが多かった人や葬儀には近隣の方が参加するような地域では自治体や町内会を通じて家族葬を行う事を伝えるのも一つです。

私の義父の場合は、とても田舎にいた事もありお葬式をするとなるとまず参列者が多く訪れます。

こういう可能性が考えられる方は自治体、町内会を通じて家族葬の事を伝えるのも一つの方法となります。

家族葬が無事に終わったら近所の方へ挨拶をしましょう

家族葬も無事に終え、親族の方もグッと疲れが出るタイミングです。

でもご近所の方にはしっかりと挨拶をするのが礼儀。

家族葬自体は何も恥ずかしい事でもなく、今では当たり前になっている小さなお葬式なのですが、この近所の方へのご挨拶はしっかりと行いたいところです。

残されたご親族はこれからもご近所付き合いがありますからね。

そんな時には先ほどのように町内会や自治会を通してでも良いのですが、次のような内容をお伝えするのが良いと思います。

  • 葬儀が無事に終わった報告
  • 気を遣わせてしまったことに対するお詫び
  • 騒々しくなった事に関するお詫び

このような事を回覧板などを使って近所の方へ回してもらうのが無難です。

もちろんそれを見て弔問をされる方も出てくるとは思いますが、家族葬と知っても訪れてくれるぐらいですので相当親身なお付き合いをしていた方だと思います。

一番疲れている時期ではありますが、ここはしっかりとした対応をするのが良いでしょう。

家族葬はどこに依頼をするのが一番良いものなのか?きちんとした家族葬を選ぶ方法

家族葬をしたい、と思っても実際にはどこに依頼をするば良いのか?と悩んでいる方も多いと思います。

一般葬であれば互助会に加入している方は互助会を通じて、また近くのセレモニーホールへ連絡をして行う事も出来ます。

しかし家族葬と言うのは、そういった大手葬儀屋ではなかなか提案をしてくれるものでもありませんので、もしご親族が危篤などになってしまったら平行して家族葬が出来る葬儀屋を探さないといけません。

悲しみの中、家族葬が出来る葬儀屋を探すのも大変ですが当サイトでは、私が家族葬が出来なかった経験を元に、すばやく家族葬の対応をしてくれる葬儀屋の選び方をお伝えしたいと思います。

私がドタバタになってしまった経験談も踏まえてご紹介しますので、最後までご覧ください。

家族葬を行う場合には事前準備が大事!

なかなかご親族が亡くなる事を望んでいる方も少ないに決まっていますが、もし危篤になっていたり、病院から余命宣告をされたり。

こんな悲しい状況でも、家族葬の準備はしておかないといけません。

私は義父が余命宣告をされていても、葬儀の準備はまったくしていませんでした。

もちろん仕事もありましたし、妻のお父さんと言う事もあったのかもしれません。

しかし残念な事になり、そこからは怒涛の勢いでバタバタする事になってしまいました。

これは家族葬も一般葬も変わりません。

最終的には互助会を通じてお葬式の段取りをしたのですが、やはり相当な費用がかかってしまい、悲しい中とても現実的な部分にも追い込まれたのを覚えています。

亡くなってから葬儀の準備をすると言うのは、こちらとしても選択肢がとても少なくなりますし、葬式費用を抑えたくてもなかなか抑える事が出来ません。

お金に余裕があるご家庭なら良いのでしょうが。

その結果、互助会にお葬式を任せる事しか出来ず、150万円以上の葬儀代がかかる事になりました。

これでは素直に悲しむ事も出来ず、結局お金の事でも悩む事になってしまうものです。

特に家族葬については、事前準備をしっかりとしておかないといけません。

家族葬の準備をする方法は3つ!葬式の費用を抑えたい方は必読です

家族葬や葬式費用を抑えたい方には3つの方法があります。

  1. 前もって資料請求をしていく
  2. 複数の葬儀屋から一括見積もりを取っておく
  3. すぐに対応をしてくれる葬儀屋にあらかじめ問い合わせをしておく

この3つの方法になります。

特に30代、40代の方が利用をされるケースが多くなっていて、親御さんのお葬式の準備をする時に利用します。

365日24時間対応の葬儀相談窓口も用意されていますし、あなたの予算や希望する葬儀内容にあった葬儀社を見つける事が出来ます。

中には病院からの移動が必要な方や、警察から移動が必要な方、長距離で移動が必要な方、海外からの移動の方など、どんな状況にも対応してくれるのがとても評判となっています。

危篤などでお亡くなりになって急いでいる方も30分で対応をしてくれる!と言うサービスもありますので、事前に準備をしておく事をお勧めします。

私のように何も準備せず、当日バタバタしてしまって良い思い出が無くなってしまうのも悲しい事ですからね。

家族葬や葬儀費用を複数社から一括で見積もりを取るサービス2撰としっかり対応の資料請求

家族葬や一般葬の準備をする為に、私が調べて良いな?って思った便利なサービスをご紹介したいと思います。

葬儀費用を極限まで抑えたい方や、家族葬をきちんとやりたい方、どこで葬式を依頼したら良いのかさっぱりわからない方など、初めての葬儀で困っている方の多くが利用しているサービスばかり。

  • 大きな葬儀は考えていないけど俊敏に葬儀屋を紹介して欲しい
  • 葬儀が初めてなのでイロハを教えてもらいながら進めたい
  • 現状の予算に合った葬儀をしたい

このような方に評判の良いサービスばかりです。

すべて無料で利用出来ますのであなたのご希望に沿ったサービスをお選びください。

葬儀レビ一括見積もり

当サイトで一番お勧めなのが葬儀レビという最大で10社から一括見積もりが取れるサービスです。

こちらは、全国約400社が登録をしていて、その中から最大で10社のお葬式の見積もりが取れるようになっています。

もちろん家族葬の見積もりもOKですし、一般葬の見積もりもOK。一般的な一括見積もりとは違って、急いでいる方への配慮もしてくれています。

評価と人気
サービス内容 複数社の一括見積もり
特徴 登録している葬儀屋がとにかく多い。安さをウリにしている。
総評 費用が気になる方には一番利用しやすい一括見積もりになっている。

詳細ページ公式ページ

アイミツ葬儀一括見積もり

次にお勧めなのが、葬儀費用をとにかく抑えた方向けの一括見積もりアイミツ葬儀一括見積もりです。

こちらは最大で5社となっているのですが、家族葬も30万円台から、123,000円の直葬プランと言った低予算重視の葬儀屋が登録をしているサービスですね。

もちろん対応エリアは日本全国となっています。

評価と人気
サービス内容 一括見積もり
特徴 費用を抑える葬儀も可能だが、きちんとした葬儀にも対応をしてくれる。
総評 このサービスは優良葬儀屋が数多い印象。どんな希望にも沿える。

詳細ページ公式ページ

よりそうのお葬式資料請求
ご遺体を搬送した後でもキャンセルが無料!と言う安心なサービス。追加料金も一切ありませんので、こちらも安心して利用することが出来ます。
まずは資料請求をする事からはじめる事が出来るのも嬉しい部分ですよね。お葬式の種類も火葬式から一日葬、家族葬、一般葬とどんな葬儀でも対応してくれます。
どんな些細な事でも相談に乗ってくれるので当サイトでも利用者の多いサービスとなっています。
評価と人気
サービス内容 資料請求と直接の相談
特徴 とにかく対応が丁寧。葬儀に関する事ならすべてを任すことが出来る。
総評 様々な葬儀に対応をしている為、低予算、一般葬などでもOK

詳細ページ公式ページ

今すぐ家族葬・火葬式などお手ごろな葬儀をしなくてはならない方へ

葬儀と言うのは、その日急に用意をしなくてはいけないケースも多くなっています。

上記では前もって葬儀の準備が出来る方の多くが利用しているサービスをご紹介しましたが、前もって準備が出来ず急遽お葬式をしなくてはいけない・・・

こんな方もお見えになるかと思います。

そんな時に少しでも葬儀費用を抑えて、しかも電話してから30分でご遺体の搬送からご葬儀までを行ってくれる葬儀コンシェルをご紹介します。

この葬儀コンシェルと言うのは火葬式であれば187,800円

一日葬でも337,800円とこういった葬儀業界の中でもダントツに安い費用でお葬式を行う事が出来ます。

もちろん前もって準備をしたい方でも資料請求などが出来ますし、家族葬や一般葬、自宅家族葬にも対応。

追加費用は一切かからない!と言うのも安心して頼める葬儀となっています。

いろいろな理由でどうしても葬儀をあげないといけない・・・

こんな時にはとても頼りになるのが葬儀コンシェルと評判になっていて、とにかく対応が早いのもお困りの方には嬉しい部分ですよね。

葬儀に関する事でお困りの内容はすべて丁寧に答えてくれますので、次のような方は葬儀コンシェルに一度お電話をしてみてはいかがでしょうか?

  • まず何からはじめれば良いのはわからない
  • 葬儀の費用がいくらになるのか知りたい
  • 近くにどんな葬儀場があるのか知りたい
  • どんなタイミングで依頼をしたら良いのかわからない
  • 他社の見積もり価格が適正かどうか心配

このようなあなたの葬儀に関する『わからない』『心配』について丁寧に対応をしてくれます。

誰でもお葬式にはわからない事や心配な部分が多いものですので、お気軽に葬儀コンシェルで無料相談をしてみるのも良いと思いますよ。

葬儀コンシェル無料相談はこちら