告別式

告別式と葬儀、お葬式っていったい何が違うの?実は同じではないのをご存知でしたか?

告別式、葬儀、お葬式。

私も当サイトの為に調べてわかった事ですが、全部同じ意味ではありませんでした。

とても奥深い気持ちになりましたので、ここで葬儀、告別式、お葬式の違いについてまとめてみたいと思います。

まず調べて最後にわかった事は、葬儀、告別式、お葬式の意味は厳密には知らなくても良い!と言うことでした。

それでもすべての意味が違うと言うことがわかりましたので次からその違いをご紹介していきます。

告別式・葬儀・お葬式のそれぞれ意味とは?

葬儀の意味

葬儀の意味は2つあります。1つ目は火葬の前に行われる宗教葬儀の意味です。火葬や葬儀と言う儀式全般をまとめた事を指します。もう1つはお亡くなりになってから火葬をするまでの一連の葬送儀礼の事を指します。葬儀と言う意味は、儀式全般の事を言う言葉と言う事ですね。

告別式の意味

告別式が一番葬儀やお葬式と言う言葉と混同をされがちですが、告別式と言うのはお別れの会のような意味合いとなっています。質素で簡単なお別れの場を略して使うのが本来の意味と言う事ですね。

お葬式の意味

お葬式と言うのは、火葬前後の行われる儀式の事を指します。簡単にまとめますと葬儀と告別式を合わせたものがお葬式と言う事ですね。

これ以上は難しい話になってしまいますので割愛しますが、葬儀や告別式、お葬式と言うのはきちんとそれぞれの意味がある!と言う事です。

お葬式が葬儀など全般の略称と言う事になりますね。

宗教による葬儀の違いとは?

先ほど、葬儀の本来の意味を簡単にお伝えしました。

この葬儀ですが、宗教によってもかなり変わってきます。

いろいろな宗教がある中でまず共通している部分からお伝えしたいと思います。

日本で一番多い仏教、そしてキリスト教、神道、どの葬儀においても故人を偲び別れを告げる!と言う事は共通している部分です。

弔辞、弔電をはじめ、最近ではお孫さんが手紙を朗読したりするようにもなってきました。

告別(別れ)をする為のの部分ですね。

宗教で葬儀が異なってくるのはその作法になります。

☆仏教の場合:仏教ではそう葬儀において仏弟子に故人がなる儀式とされています。お経を読むのも徳を故人に振り向ける為ですね。葬儀の流れの中には焼香がありますが、これは参列者の役割と位置づけられています。ご香典とお布施も宗派によって違うと言う部分も知っておきたい知識ですね。

☆神道の場合:神道では葬儀は新しい神様を家にお迎えをするお祭りになります。神葬祭と呼ばれていますからね。人は亡くなると神様になる!そして残された家族を守る存在になる、というのが神道の考えです。儀式の時間は仏教よりも短めでおよそ30~40分ほどで終わるのが特徴的です。

☆キリスト教の場合:キリスト教の儀式は教会で行われます。神父や牧師と呼び名こそ違いますが、カトリックとプロテスタントの違いで呼び名が変わっています。参列者の役割としては聖歌を歌う事。聖書を一緒に朗読する事、献花を行うこととなります。喪主が神父や牧師に渡すお礼の表書きは「御礼」「献金」と呼ばれています。

このように宗教によって葬儀の作法は異なってきます。

しかし根本的な意味合いは同じですので、もし違う宗教の葬儀に行く場合には基本的な作法の違いは知っておかなくてはなりません。

葬儀や告別式で親族が注意をしなくてはならない事?

告別式などで親族が注意をしなくていけない部分をまとめてみたいと思います。

まず時間。

最低でも葬儀の1時間前には会場に着くようにしなくてはなりません。

親族の方で喪主から告別式の手伝いを頼まれている場合などには、もっと早く会場に入るのが良いでしょう。

また告別式には受付が必要なのですが、これも喪主から頼まれている場合は早めに用意をしてください。

誰が受付をする!と言う決まりはありませんが、参列者の数によっても受付の人数は変わってきます。

あまりバタバタするのはいけませんので、受付についても時間に余裕を持った行動が必要です。

親族は会食の時にお酒を飲んでしまったも良いのか?と言う事を気にされている方も多いのですが、喪主などからお酌された場合などはありがたくお酌を頂きましょう。

親族だからと言って会食時に変な遠慮は要りません。

ただ飲みすぎて酔っ払うようだと困りますので、そこは適度な量で調整をするのが良いでしょう。

告別式や葬儀、お葬式にはいろいろわからない部分がありすぎる?

冒頭でご説明をしたお葬式、告別式、葬儀の違いなどはこれと言って覚えておく必要はありませんが、その他作法や一般的なルールなどは非常にたくさんの種類があります。

住んでいる地域1つで作法も変わってきますので、喪主やご遺族、親族の方は前もって葬儀、告別式、お葬式の作法は知っておく必要があります。

やはり参列者の方が来てくれた時に、何も知らない状態では故人への信用問題にもなりかねませんからね。

お葬式を依頼する葬儀屋にもよりますが、前もって準備が出来る状態なら細かいあなたの【知らない】を解決してくれる葬儀社を見つけるのも1つです。

一概に葬儀と言ってもいろいろな種類や費用がありますからね。

【関連ページ】葬儀の種類とそれにかかる費用は?宗教によってもたくさんの葬儀の種類が

私もいろいろなページでお伝えしていますが、義父を亡くした時にとても大変な想いをしました。

告別式や葬儀に関して何も準備もしていなかったのと、わからない事が多すぎた為に。

そんな経験もありますので、あなたには葬儀や告別式でせっかくの故人とのお別れが出来ないような状態にはなって欲しくなく、当サイトを立ち上げました。

今の時代はいろいろと告別式の知識や準備をする便利なサービスもありますので、良い葬儀社を見つけてもらって故人とのお別れもきちんと出来るようにして欲しいと思っています。

前もって告別式の準備をしたい方はこちら